、自分も資源確保に一役買いビジネスへも参加する視点で本著を読んでいただければ幸いである。
 
2012年1月  細井義孝